2018年4月19日木曜日

20180419 占星術

アントロポースとしての人間に回帰するために、占星術を勉強するべきだと思う。しかし、それを占いには使わなくてもいい。というより使わないほうがいいとも考えられる。占星術は、人間の意識の構造をもっと詳しく知るために役立てるべきだ。7と12の法則などを学習するためにある。それで、わたしがクラモト氏に、途中階段の部分の教官をやるといいと言ったのは、いろんな占星術の見解を公平に見ようとしているからだ。細かい解釈に関しての見解の違いはあまり問題にするべきではない。惑星意識、そしてそれを統合する全惑星意識への発展。こういう目的からして、占星術の扱いに関しての細かい見解の違いにこだわるとしたら、それはとても馬鹿な話だ。みんな共通していると認識したほうがいい。しつこく言うが四柱推命でもいい。これだと10と12の法則のセットだ。
占星術を学ぶと、7と12のロゴスが、そのまま具体的な人生に反映されていることに驚く。そのことで、具体的な細部の働きが、ロゴスへと昇華できる。この昇華ということが主眼でもある。
占星術の講座とかお勉強会をするなら、こうした根源的なことを研究するべきで、占星術技法の細部に関して扱うというのは、停滞あるいは退化とみるべきだろう。せっかくの体系を台無しにしているとも言える。わたしが思うに占星術体系はなかなか優れている、こんなものをよく考えだしたものだと感心する。しかしせっかくのそれを多くの人は、ひどい使い方をしている。道のための梯子として使おう。
7つは生命であり、12は感覚であり、感覚とは生命が形骸化したものだというシュタイナーの考えかたにもっと本格的に取り組んでもいいと思う。繰り返し言うが、これはタロット道の6loversから救済し、7戦車、そして8正義に至るプロセスを埋める。このあたりをクリアするためには、占星術を学習するのがもっとも手っ取り早い。



2018年4月17日火曜日

20180417 今日は講座の日

今日は午後一時から、渋谷の道玄坂で、講座の予定です。お題は、相性という占星術のテーマ。去年の後半あたりから、占星術の話がめっきり減った。このままだと、わたしの占星術スキルが退化する。
どうして減ったかというと、わたしは最近タロット道を提唱している。これは、恒星意識、スタピ、もともとの「人間」回帰、への道筋を示したものだ。で、占星術は、惑星のひとつひとつの作用を取り沙汰するもので、この占星術をきわめた人は、最終的に、全惑星意識に至る。ただし太陽意識にまでは到達できない。占星術は途中までの階段なのだ。
占星術の細かいテクニックは、惑星意識を扱ったもので、全惑星意識に至ると、惑星ひとつひとつの影響に対して免疫というか抗体ができて、振り回されなくなる。つまりは占星術的な影響については、いちいち細かいことを気にしなくなる。つまり占星術のことを研究すると、最後に、星の影響を受けなくなるボディが作られてしまうということだ。もちろんこれは輪廻の超越だ。輪廻とはさまざまな惑星意識を体験することなのだから。

一般人は、進化のためには、まずは占星術をするといい。もちろん四柱推命でもいい。こういう道筋がないと、何がほんとかわからない混乱した世間から、道に入ることができない。で、この占星術道を通って、全惑星意識に入り、そこから太陽意識へとジャンプし、恒星へと至り、もともとの自分の居場所に回帰すればいい。それではじめて、「造物主が作った世界というものに、ちょっと好奇心を発揮したために世界に閉じ込められ、ずっとここに居座らざるを得なくなった」という制約を乗り越えることができる。

しばらくはわたしはスタピ帰還マニュアルにかかわることになる。これは言い換えると、悟りへの道ということだが、何か細かい階段をひとつずつ用意したようなもので、道端にぶちまけられた一般人の世界から、まずは上昇への入り口として占星術について説明していた。でも途中のことばかりを説明しているわけにはいかないでしょう。トータルな作業にかかわる現場監督として、占星術に裂く時間が少し減ったということだ。部分作業監督として、くらもと氏とかに協力してほしいとか思ったりもしている。占星術はタロット体系では、だいたい7戦車と8正義あたりに関係したものだ。もちろん複数輪廻体験としては、10運命の輪に関係する。占星術学習を手抜きすると、全惑星意識の構築の土台が弱くて、あとで崩れてしまう危険性もある。なのでちゃんとしてほしい。しつこいけど、四柱推命でもいいよ。

スタピの最後の原稿は、一時間で書きました。今日が締め切りだと気がついたので。まあ、だいたいいつも思い付きを適当に書いているだけです。

2018年4月16日月曜日

20180416 新しいスピーカー

ヤフオクで、ステレオ誌2014年4月に掲載されていた浅生昉(あそうあきら)氏設計のfostex FW168HP用のダブルバスレフ箱が出品されていた。組み立て済み無塗装。AurumCantusのAC165/50CKという16センチウーファーが余っていて、これで何か作りたいと思っていたので、落札した。
FW168HPと、AC165/50CKは特性が少し似ているので、たぶん流用できるだろうと見当をつけて。とくにm0が比較的近い。
手に入れた箱を電動サンダーで磨き、その後、手持ちの水性アクリル、ケヤキ色を7回塗りした。
で、ツィーターがないので、同じAurumCantusのリボンツィーターAPR2.1をコイズミ無線で入手。わたしにしては珍しく、ネットワークは箱内臓型。ツィーターとウーファーのレベルあわせは、見当をつけて固定抵抗式で-4dbにしてみた。最近一個100円のセメント抵抗の音が気に入っており、これで作成した。
ウーファーもツィーターも中華製で、このメーカーからして、線の細いおとなしい音になるのではと思ったけど、予想とは違ったかもしれない。
なんにしてもリボン型ツィーターは使ってみたかった。
ニアフィールドで聴いていることもあり、なかなかダイナミックです。音の場が大きく広がる。ダブルバスレフなので、低音はかなり雄大に出る。
これと似たユニット構成で、普通のバスレフのキットをコイズミ無線も、20万円弱で売っている。キットでなくメーカーの製品だと、おそらく二倍の価格、あるいは3倍の価格くらいかもしれない。sonusだと、箱に凝って音をコントロールして100万円くらいにはなるかもしれない。
ニアフィードモニターは、とても集中性が高まる。今日の朝、ファリァを聴いていて、このファリァの空気感はすばらしい、もっと入り込みたいと思っていたけど、ニアフィールドでファリァを聴くのはかなり贅沢だ。
このyoutubeでは、音はわからないと思うけど。ファリァやグラナドスやラロが好きですねーhttps://youtu.be/e8Qht5tj_sY







2018年4月12日木曜日

20180412 夢の話を読んで

メールで、ある人が夢の話を書いていたので、それに関係したと思う内容、8正義のカードについてvimeo動画を作った。またイントロ部分をyoutubeに。
https://youtu.be/FKsGsZbBpvg
わたしの夢の中で、いろんな人が言ってくるのは、H24レベルでの関係性。
地上のH48とのかかわりが少ないほど、H24は増加する。

2018年4月11日水曜日

20180411 短い時間バージョン

youtubeは、10分以内くらいが適当。
力のカードについて。
https://youtu.be/K-G8XXryh48
力のカードの補足。自由について。
https://youtu.be/9db78Eo2JHI

カード一枚一枚が、ひとつの訓練メソッドになる。
13死神は、骨の調整で、地上に下ろすには骨を通じてが理想的ということ。
わたしの場合、右足骨折したために、いつも右の足とか腰が痛みやすい。
これをうまく調整すると、うまく地上に引きおろしたことになる。

2018年4月10日火曜日

20180410 youtubeも作りたい

時々、こんなものを作りたい。
ひとつの質問に対して考えるとか。
https://youtu.be/zkS4S3Mp6SM
長い動画はvimeoオンデマンドで。
ひとつのテーマに対して、youtubeで。

2018年4月8日日曜日

20180408 テキストをupした

vimeo動画でのタロットカードの説明を、何人かの人にテキストおこししてもらったものを、noteとkindleにuploadした。動画との兼ね合いで、比較的高額、だいたい4000円くらい。三人くらいに買ってもらうといいかなと。
わたしがvimeo動画をはじめたのは、2018年の3月12日。で、vimeoから休みなく、レポートが送られてくるのだが、3月じゅうで販売した数は431個だという話。
昨日のZOOMは、五時半スタートだが、もしかして、これは主催のakira氏が、自分でADH(D抜け)だと公言しているように、わたしが「五時以後ならオーケー」と言ってるのを、5時あたりからにしてくれと、解釈したのかな。前にも、そんなにたくさん人を集めなくていいですよ、と言ったのを、「人をたくさん集めてはならない」と解釈したみたいなので。ADHDあるいはADHに対して、手順を詳細に、明確に説明しないと、察しない傾向があるというのは、よく言われることなので、しつこいくらい説明したほうがいいのかな。5時からできる。しかし無理に早くしなくてもいい。

わたしは動画の説明で、あべさんやシュウキンペイは反対者を許容しないという意味で、不完全なH24の人間で、人間としては弱く、前進することができないと言いました。
その点では、レスリング協会のバワハラ問題も、言うことを聞かないやつは排除という点で、同じく、虚弱で、自分に自信がないことを露呈しています。栄氏にしても、かまってほしい、保護してほしいという気持ちからパワハラに走ったわけだから。俺から離れるの?それは俺がつまらないと言ってるの?そんなやつは殺してやる、というような思いです。自分がやってることにまったく自信がない。いつのまに、人間ってここまでだめになったの?という話ですが、とりあえず、そういうことには無関心でいる、というのがとるべき態度だ。


DENONのプレーヤー、DP-A100は三日前に修理から戻ってきた。といっても、故障しているわけではなく、サービスに、「トーンアーム触ると、微妙にカタカタとガタがあるけど、これ仕様ですか?」と聞いたら、「仕様ではないです、一度メンテに。」と言ったので、メンテに出したのです。で、取りに来た人も、「この程度なら、普通ですけどね。とりあえず持って帰ります」と。修理担当の人から電話が来て、「いまどき、この程度は普通ですけど、でも、社内で一番品質のいいやつを探すので、お待ちを」といって、かなり待たされた。取りに来た人も、修理の人も、「この程度のレベルのプレーヤーで、そこまで言うのはどうなの?」みたいな雰囲気を漂わせていた。特に修理担当の人は爺さんで、どうもオーディオマニアぽい感じがあった。こんな安物で文句言うなよ、みたいな感じが、言外に出ていました。(まあ、わたしもそういう人を信用するけどね。)
つまりふたりとも、DP-A100という、とりあえずDENONの中で一番高額なプレーヤーをたいしたものではないと見ていた。実は、このトーンアームは、テクニクス、パイオニア、オーディオテクニカ、ほかのいくつかのメーカーが使うOEMで、中国のある会社で作られていて、マニアが使うようなレベルのものではない。
いまは、アナログは衰退した分野なので、ここでちゃんとしたプレーヤーほしいと言うと、まあ100万円以上かかるのが普通では。
いずれにしても、サービスの人が、「ガタあるのは普通ではないです」と答えたことで、送ることになったけど、同じトーンアーム使っているパイオニアのDJプレーヤーについては、パイオニアは「ガタあるのも多く、これなくすと、逆にトレース能力が弱ることもあります」と答えている、というをネットで見た。DENONのサービスの人が無知だったのかも。
このDP-A100は音が硬いです。まるでCDの音。しかし操作が便利なので、気楽に聞くには、こればっかりになってしまう。LP12は音楽的だけど、ぐらぐらするので、使いにくい。

FE126Enスパイラルホーン
https://youtu.be/guFwp4xT0lw

ところで、akira氏からコメント来ました。
>まず、正しい表記ですが AD(H)D  多動がない人は ADD です
>そして、私は自称ADDではなくて 専門医に診断されたアスペルガーの入ったADDです
>ですが、家系的に超低血圧であり、頻脈や動悸など心臓が弱いため 薬が合わず投薬はしていません

スタピは、基本的にADHDが多いと思う。これは個人的な見解。
モーツァルトは典型的なADHDだと言われているが、まあヘルマン・ヘッセもそうだ。
つまり混じらない人たち、アウトサイダー的になるのは、ADHDの特質かもしれない。
というか、わたしは全員がADHDになってくれるのがいいと思っている。集団意識に同化するのに抵抗するのがADHDだ。
こういうことも説明しとかないと、ADHDを非難されていると勘違いしてしまうだろうし。(わたしの個人的な見解では、高次感情のH12が人よりも多くなると、ADHD的になりやすいという気がする。)

ところで、超低血圧ということだけど、わたしは朝から貧血で、まっすぐになっているのも、実はなかなかきつい。で、これは小腸の吸収力に問題が出るらしい。食物の栄養をあまり取り込まないということらしい。
貧血を緩和するには、紀伊国坂をダッシュするのが効果的でもある。いまは18mgの鉄分サプリ飲んでいるけど、これで防げる感じではない。単にいるだけでも苦しい、というのが貧血の体感です。で、忘れるために活動したりする。その間はちょっと忘れる。しかしのんびりすると、地の底に引きずりこまれるような感じになってくる。







2018年4月7日土曜日

20180407 質疑応答のZOOM

今日は五時半から、ZOOMで、一時間半、質疑応答タイムがありました。
おもに恒星探索に関してです。
で、わたしはほんとに長い間、20代くらいからこんなことをするのは多い。
これってどういうことなんですか。
それはこういうことだよ。
なるほど、わかりました。
Akiraさんは、それを劇場的にしようと演出しています。
で、わたしは教材で説明していますが、
?というのは、ミ48です。
それはこうなんだよ、というのは、ド48。
あ、わかりました!、すっきりしました、あはははっ、というのはファ24。
もしその人の中で、H24が発達していれば、疑問が生じた、疑問が生じたそのものが、回答に変わるということが起こる。
疑問が起こる前に、回答がやってくる。こちらのほうが早い。
で、わたしに聞くということが続くのは、その人の中でH24が発達していないということだ。それは恒星、非二元の意識、聖なる守護天使との一体化、神との一体化に向かうには、まだエンジンが弱い。
恒星意識は自立している。暗闇の中でひかり輝く。それなのに質問があります、というと、恒星に程遠いだろ。細かすぎる質問だと、訴追の恐れがありますので答えられませんと言えない。質問がそういう細かいものではないので。

オショーはどこにもお出かけしないで、小屋に篭りきりだった。
ので、朝の講和をした。それ以外は篭り切り。
で、わたしの今の生活はたぶん似たような篭りきりで、お出かけしない。
スタイルとしては、オショーのスタイルに近いところがあり、うっかりすると、オショースタイルに同化してしまうかもしれません。オショーは匂いアレルギーだったが、わたしもちょっと似たところがある。町に行けなかったのは、オショーが匂いアレルギーだったからなのか。
しかしオショーは、h48人間に忍耐強くつきあったのでは。
わたしはそこまで我慢強いかなー。
理想としては、AKIRA氏がh24人間になってもらって、どんな質問にも、アッ、それはね、と回答し、わたしはh12人間程度で、ほとんど具体的なものには反応せず、「あ、そ」で終始するような感じがいいな。

わたしはしばらくは質疑応答につきあいますが、いつまでも続けるなよと思います。
哺乳動物意識(中層重心がh48)の中にずっと眠り続けないでくれ。
で、わたしはZOOMの映像では、参加者の背後の風景がいつも興味が出てきます。
これはマニラか?それともグアム?なんか海外の風を感じるぞ、とか。この匂いはなつかしい。実はカリフォルニアのようですが。




2018年4月3日火曜日

20180403 テキスト化したものをそろそろupしようか

何人かの人に文字起こししてもらったvimeo動画を、そろそろnoteとkindleにupしようかと思っているのですが、いまのところ、動画は14個あるので、7つずつをひとつのテキストにするのもいいのではないかと。だいたい動画はひとつが10000字前後とみなして、7つ足すと7万字くらい。でも動画と極端に違う価格にするわけにもいかず、動画よりも少し安いというところで、7つ足すとけっこうな高額なものになるのではないか。

辻さんの夢だと、わたしがfacebookなどのアドレスを使わなくなったのは、これ以上低速にはしない、ということらしく、つまり話をどんどん先に進めたい、そのためにfacebookには関わっていられないというような内容です。facebookは足手まといか?よけいなこと書きますからね。で、いまは時々vimeo動画作っていますが、これが妙に楽しい。
音だけを録音して教材作るのは前からよくやっていた。
今回動画作って、何が違うかというと、声だけだと、閉鎖的なところに閉じ込められたような感じになる。が、映像が入ると、これがなくなる。映像はわたしが話している顔だけで、これは面白くないです。が、ホワイトボードに書いたりすると、気分が出る。これからはもっと画面の中で、ホワイトボードの占有率を高めたい。

かまさき氏に四柱推命を読んで貰ったときに、いまのわたしの大運は、横広がりでなく、縦にあがる、つまり秋冬山のようなものだと説明を受けたけど、普及を考えるのでなく、もっと内容を高度にしていくということがメインです。
で、またまた19太陽のカードの説明の動画で、タロットカードあるいはタロット道は、険しい、角度の急な階段のようなものだと説明した。普通の日常的な暮らし、仕事などをしている中で、この険しい階段を上がるのは正直無理だとわたしは思う。しかし人間(アントロポース)回帰プログラムとしては、これを使うしかないのでは。この険しい階段を上がるのに、必要なことは、通常の月を使うのでなく、月の軌道にある宇宙ステーションに置き換えること、それをベースにすること。なので、タロット道を究めたい人は、かならず、月のステーション(かぐや姫が戻った場所)に、腰を挿げ替えてほしい。これは月をひとつでなく、7つの月にしていくこと。
19太陽のカードのもうひとりの子供は、この月のステーションに住んでいる。
こういう事柄などについて、詳しく説明するには、もっとくどいほどvimeo動画作るのがいいのではないかと思った。わたしはいま年寄りで、年寄りの特徴は、話が長い、話がくどい、話に繰り返しが多い、固有名詞を覚えていないというもの。この線でいくか。

ラックスマンのトランス式のパッシヴアッテネーターはとても調子がいい。以前、パッシヴのボリュームがだめだと思ったのは、マッキントッシュのパワーアンプにつないだ時だが、調べてみると、マッキンは軒並み、入力インピーダンスが10kΩで、これだと、音が死んだようになるのは当たり前だ。まっきんはプリアンプが必須。
いま使ってるマークレビンソンはなんと100kΩで、まるで真空管アンプ。これだと、パッシヴで10kくらいのインピーダンスのものを使ってもまったく問題ない。ヤマハのデジタルアンプとか、ローテルのアンプとかには、純正組み合わせとしてパッシヴのボリュームが併売されていたけど、これらはみなインピーダンスがかみ合うようにできているのだろう。
以前、ローテルのicepowerアンプに、P&Gのフェーダーつないだ時には良い音だったので、やはりインピーダンスに気をつけたら、パッシヴはいいかもしれない。
ずっと前にも、わたしはテクニクスのSE-A3に自作のパッシヴのボリューム繋いで、何も気にすることなく聴いていたのだが、SE-A3は50kΩ前後らしい。このころはまだインピーダンスが音にかなり影響があるというのは考えていなかった。

交響曲三番、シヴァ・ナタラジャ
https://youtu.be/fFbzYhLZJ-s








2018年4月1日日曜日

20180401 vimeo動画のテキスト化

vimeo動画のテキスト化を、グループとしてまとめるのはスマヤさんにお願いしましたが、このグループのアドレスは
matsumura_tarot_marse@googlegroups.com
だそうです。
わたし個人が事務的な作業ができないので、テキスト化した人も、このアドレスに連絡お願いできますか。テキスト化と、窓口業務を両方、行うそうです。